今までは自分で脱毛処理を行っていたけれど、処理をしてもすぐに毛が生えてきてしまって頻繁な処理がとても煩わしい、万が一ケガになってしまったら不安、などの理由からプロの脱毛を希望する女性がとても多くなってきました。

プロの脱毛を受けるには"脱毛サロン"と"美容クリニック"の2箇所に分けられます。

まずは脱毛サロンについてですが、主に光脱毛という脱毛法が用いられておりお肌にできるだけ負担がかからないように低出力で長期間かけて脱毛を行っていきますので、痛みは少ないですが即効性はありませんし、永久的な効果はなくあくまで自己処理が楽になる程度の効果になります。

脱毛サロンはクリニックではありませんので、スタッフも医師ではありません。

その為、万が一肌トラブルが起きた場合でもその場で処置を施してもらうことはできないのです。

一方、美容クリニックではレーザー脱毛と針脱毛が用いられています。

レーザー脱毛は医師がいる医療機関、つまり皮膚科やクリニックでないと取り扱うことができません。

レーザー脱毛は原理は光脱毛と同じなのですが、光脱毛の約3倍のパワーがあると言われており、高出力で脱毛を行いますので即効性がありますし、レーザー脱毛は針脱毛と同様に永久脱毛として認められています。

しかし、レーザー脱毛の方がどうしても強い痛みを感じてしまいます。

しかし美容クリニックには医師がおりますので、痛みが強すぎる場合には麻酔をしてもらうことができますので、とても安心です。

そして、万が一の肌トラブルが起こった場合でも、その場ですぐに処理をしてもらうことができます。

両者の違いをきちんと把握したうえで、自分がどの程度の脱毛を希望しているのかをきちんと考え、あくまで自己処理が楽になる程度でよければ脱毛サロンへ、永久的な効果を望んでいるならば美容クリニックで脱毛を受けるといいでしょう。

安易に契約をしてしまって"思っていた効果がでない""こんなはずじゃなかった"などと不満がでてくるようなことのないようにしましょうね。

美意識を高く持つ女性が多くなってきた現在では、脱毛もエチケットの1種と考える女性がとても増えています。

ですから、今まではムダ毛の処理を自分で行っていたけれど、頻繁な処理がとても煩わしく、上手に処理ができないなどの理由から脱毛サロンでプロの脱毛を希望する人が多くなってきつつあります。

最近では脱毛ブームなこともあり、たいていのサロンでは格安キャンペーンを実施したりお得な特典を用意しています。

例としては、"ミュゼ"では両わき+Vラインの脱毛が破格の100円で受けることができますし、"ジェイエステティック"では両ワキ12回+両ひざ下2回が100円で受けることができます。

全身脱毛の場合ですと"脱毛ラボ"では全身22か所が初回限定で280円で受けることが可能になっています。

しかし、こんなに破格で脱毛が受けられるとなると"なぜこんなに安いの?効果がないんじゃないの?"と思ってしまいますよね。

ですが格安キャンペーンというのはそもそも、先月までは通常プランだったものを期間限定で安く受けられるようにしているだけなのです。

当然キャンペーンですから、無期限でしているわけではなく、ほとんどの場合が期間限定で実施していますし、キャンペーン内容も毎回異なるのです。

ですから、キャンペーンとは言っても通常のコースと何も違いはないという事です。

脱毛サロンがこのような格安なキャンペーンをする理由としては、まずは脱毛サロンとはどのようなところなのかを体験してもらい実際脱毛を受けてもらうことで、足を運んでもらい、キャンペーン脱毛コースが終了したのちに、次の大きな契約獲得するのが目的なのです。

キャンペーン内容は、サロンによってことなりますので、同時期でもAサロンはワキのキャンペーンをしているけれど、Bサロンでは腕脱毛のキャンpr-んをしている、というようなことも珍しくありませんので、複数のサロンを見てみるためにもサロンを掛け持ちして別々にキャンペーンを利用しますと、お得に脱毛を受けることができますよ。

最近ではピルを服用している女性が増えてきています。

ピルは避妊薬としてよく知られていますが、それ以外にも生理不順や子宮内膜症など治療目的で使用されていることも多いのです。

初めての脱毛サロン通いは、わくわく楽しみな反面、わからないことだらけで不安もたくさんあることでしょう。

普段からピルを服用している方にとっては"ピルを飲んでいても脱毛は受けられるのか"という疑問が出てきますよね。

結論から言いますと、ピルを飲んでいても脱毛は可能です。

よく生理中はホルモンバランスが崩れるため脱毛を断られてしまうことが大半なのですが、ピルの場合はホルモンバランスを調整する働きはあるものの脱毛とは全く関係がないのです。

ピルは毎日服用することで妊娠時に似た状態を作り排卵を抑制するのですが、ホルモンの分泌量は通常の5分の1程度に下がりますので、脱毛に影響はしません。

ただし、脱毛サロンによってはトラブルを避ける意味で施術を断られるケースもありますから、ピルを服用しながら脱毛を受けたい場合には、必ずかかりつけの婦人科医に相談をしてみるようにしましょう。

事前カウンセリングの際には必ずピルの服用について問われるのですが、申告したからといって脱毛が断られてしまうことはありませんので、必ず正直に申告をするようにしましょうね。

"正直に話したら脱毛を断られてしまうかもしれない"とピルの服用を黙ったまま脱毛を受けてしまいますと、なにかしらの肌トラブルが起こってしまった場合にとても困ります。

また、ピルを服用して脱毛を受けたから、効果が得られないというようなこともありません。

ですから、脱毛を受けたいからなどと勝手にピルの服用を止めてしまうようなことだけは避けましょう。

ただし気をつけなければいけないのが、ピルを服用し始めて間もないころはホルモンバランスが不安定になってますから、肌や体調面を考慮し、服用から数か月経ってバランスが安定してきたころに脱毛を開始するとトラブルを起こす可能性を軽減することができますよ。

今、不妊治療を行っているけれど、頻繁な自己処理が煩わしいから脱毛サロンで脱毛を受けてみたい・・でも不妊治療をしながら脱毛ってできるのかな?と疑問を持つ人もおられるのではないでしょうか。

結論から言いますと、不妊治療と脱毛の同時進行はやめておきましょう。

では、なぜ同時進行がダメなのか3つの理由を挙げて説明をしていきたいと思います。

まず1つめは"不妊治療によってホルモンバランスが崩れるため"です。

不妊治療はホルモンバランスと大きな関係があります。

不妊治療の1種であるホルモン療法を用いている場合ですと、体の中のホルモン状態を妊娠に適した状態にしたり、人工的に生理を起こさせたりと様々な治療を行いますので、不妊治療でホルモンバランスが崩れた状態で脱毛サロンの光脱毛を受けても、全く効果が現れないことがあります。

2つめは"不妊治療も脱毛も両方ともストレスが禁物であるから"

ホルモンバランスが乱れるとどうしても妊娠しにくくなってしまいます。

不妊治療は苦痛なものですから、知らず知らずのうちにストレスを感じてしまいますし、脱毛も同様、多少ですがストレスがかかってしまいます。

ストレスがありますと脱毛効果も出にくいですし、不妊治療にとっても好ましくありません。

両者ともにストレスは厳禁とされていますので、どちらかに絞って片方ずつにするようにしましょう。

最後に3つめは"不妊治療に使用する薬と脱毛の相性が悪い場合もあるから"です。

不妊治療に関する薬では、女性ホルモンに関係する薬を服用することがあります。

女性ホルモンが向上するということは、なにかしら毛周期に影響がでてしまったり、脱毛に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

これらの理由から、不妊治療と脱毛を同時進行することは、大変危険ですから、安心安全に脱毛を行いたい場合には、どちらかに絞って片方ずつ行うようにすると、思わぬトラブルを招いてしまうようなことは避けることができますよ。

脱毛サロンで脱毛を受ける際には気をつけなければいけない事柄がいくつかあり、その中の1つに"脱毛前後の日焼け"に関する注意事項が含まれています。

これらの注意についてはどこのサロンでも必ず事前カウンセリング時に説明を受けます。

ではなぜ脱毛と日焼けが関係あるのかと言いますと、脱毛サロンで用いられている光脱毛は、お肌に直接特品光を当て、黒いメラニンに反応をさせることで毛根を刺激して脱毛を行う方法です。

万が一脱毛前に日焼けをしてしまいますと、その黒くなったお肌に光が反応を起こしてしまい、炎症や湿疹、ひどい場合にはやけどを起こしてしまう可能性があることから脱毛前の日焼けを禁止されているのです。

では、脱毛後ならいいのかと言いますとこちらもNGで、脱毛後のお肌は光の影響で血行が促進され熱を帯びデリケートな状態になっていますので、その状態で日焼けをしてしまいますと、更に追い打ちをかけて血行を促進してしまうことになり、炎症や湿疹などのトラブルに繋がってしまうことになりますので、脱毛後の日焼けもしてはいけません。

ですから、夏場など紫外線が多い時期に脱毛をする場合には日焼け対策がとても重要で、日焼け止めクリームを用いたり、帽子を着用するなど工夫が必要です。

しかし、日焼け止めクリームを塗りまくればいいのかといいますとそうではなく、特に脱毛前に日焼け止めクリームを利用する際には注意が必要です。

もし脱毛前に日焼け止めクリームを塗ってしまいますと、毛穴が詰まってしまうことがあります。

毛穴が詰まってしまいますと毛穴がわかり辛くなってしまい、脱毛効果が現れなかったり、光に反応を起こさなくなってしまったりと脱毛施術に影響がでてしまいます。

そのようなことにならない為には、白いクリーム状の日焼け止めクリームではなく、透明なジェルタイプの物を用いて日焼け防止をするといいでしょう。

もしどの日焼け止めクリームがいいかわからない場合には"この日焼け止めクリームなら大丈夫だろう"と勝手な判断をせず、脱毛サロンに確認し自分の使用しようとしているものが使用可なのかどうかを確認するようにしましょう。